キ-マンインタビュー NTTスマートトレード

本日はNTTスマートトレードの取締役経営企画部長の大和田様におこしいただきまして、異色の大型FX会社、NTTスマートトレードさんのお話をじっくりお聞きしたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

よろしくお願いします。

まず最初に、スタートされたのは昨年からでしたですね?

2007年3月30日に営業を開始しました。

あのNTTさんがFX事業に参入されたということで、我々黒船が来襲したような騒ぎでしたが(笑)、まずは、御社が何故FX事業に参入されたか、そこら辺からお聞かせ願えますか?

はい。そもそもNTTは電気通信の事業をやっていますが、声を伝える事業から最近では情報通信に変わってきていたんですね。で、データを伝送するって中には実はお金の情報なども含まれるわけです。ですから我々の中では金融と情報通信事業とはそんなに大きな差がないんじゃないか、ということを少しずつ感じ始めていたんです。

我々の親会社はNTTレゾナントと言いましてgooというポータルサイトを運営している会社なんです。

あ、gooですね。いつも利用させていただいています。

ありがとうございます。で、gooでは今まで金融商品の取り扱いはなかったんですけれど、今後、どういうところから金融サービスをやっていけるだろうかと考えたとき、FXという話が出てきたわけです。時代がこういうものを求めている、求めているなら提供するべきなんじゃないかということになりました。NTT自身が何故やるの?という問いに関しましても、お客様が求めているものを安い値段で安定して提供出来るならやろうというのがNTTのスタンスなんです。それに合致した商品がこのFXということになります。

ありがとうございます。今投資家は取引会社の安定ということを求めています。そういった意味ではNTTさん、一番間違いのない会社だと思うんですが、お客様から預かった資金の分別管理に関して、どのようにされているかお聞かせ願えますか?

実は当社は信託保全をしていません。その理由は、信託保全にかかるコストを考えますと、別の形で保証した方がお客様にとってメリットがあるのではないかと考えたからなんです。当社の場合、グループ会社にNTTファイナンスというNTTグループの金融会社がありまして、こちらと保証契約を結んでいます。そちらの保証で、当社ならびに当社が預け入れしている金融機関が破綻したとしてもNTTファイナンスが保証することとなっています。で、NTTファイナンスが破綻した場合はどうなるんだとお客様からときどき聞かれますが、これは保証契約ですので破綻しても保証契約が無くなるだけで、お客様から預かったお金は「当社のお金とは別のお客様からお預かりしている『預託金』として」それぞれの金融機関に預けられていますから心配ないわけです。で、すぐに保証会社を変えればいいわけです。そういった意味でお客様からお預かりした預託金は満額きちんと保証されています。

なるほど。安心しました(笑)。続きまして、御社のサービスの中で『外貨金利還元サービス』というのがあります。これ非常に面白いと思ったんですけど、ちょっと詳しくお聞かせ願えますでしょうか?

実はこれも先ほどお話しました形で分別保管をしているので出来るサービスなんですね。当社がお客様から預かった外貨はシティバンク銀行に預けています。この外貨に金利がついてしまうんです。生じた金利を我々が頂戴するという手もあるんですけど(笑)、我々はFXで商売をしようとしているわけですから、この金利はお客様にお返しするのが正しい姿勢だろうと我々考えまして、外貨預託金については金利を還元しています。

取引しなくても金利がいただけるんですか?

これはもともと証拠金(保証金)としてお預かりしているものですから、お取引していただけるものということが前提です。でないと預金と区別がつかなくなってきますからね。そういった意味で条件を付けています。簡単に言いますと、1回お取引をしていただければいいことになっています。もちろん、現在取引されている預託金分についても金利がつきます。つまり買いポジションであれば、スワップ金利と併せて受け取ることができることになります。

御社のユーザーサービスの中で象徴的なものとして、相談室を設けられていると聞きました。相談室とは具体的にどんなものなんですか?

当社のお客様の場合、株も買ったことない、投資そのものが初めてだという方が思ったより多くいらっしゃいます。そういった方にとっては、ほんとにこの会社あるのかなということから心配なわけです。私も見たこともない会社にいきなり大事なお金を預けられるかというと、やっぱり心配になると思います。

御社にそれはないでしょう。(笑)

結構いらっしゃるんですよ。「あ、ほんとにあったんだ」なんて(笑)、我々、ネットで色々な取引をしていますが、最終的には人と人との信頼関係が大事だと思っているんですね。で、お電話ではなかなか微妙なニュアンスは伝わりにくいですし、じっくりお話もしずらいかと思います。そんな時に、その相談室にお越しいただいて色々な質問に答えさせていただいています。もちろん一通りのものはウェブにQ&Aを載せているんですが、FXというのは非常に面白い取引で、百人投資家がいたら百とおりの取引方法があるんですね。FXってのは一万円からできる投資商品です。で、高金利の通貨があったり、変動幅が大きい通貨があったり、しかも日中に取引するのか、夕方取引するのか、夜にやるのかによっても全然違います。こんな商品今までみたことないですね。(笑)

ですから、そのお客様のニーズに合わせた最適なプランをご相談させていただくというのは重要だと思っています。出来れば同じサポートするなら、電話口より直接お会いして相談に乗らせてもらった方がいいかなということで相談室を設けています。それによって会社が儲かるか儲からないかと言いますと、短期的には持ちだしだと思うんですけど(笑)、長い目で見て、信頼につながればと思っています。相談コーナーでは色々ご相談に応じることはありますが、当社の商品を無理やりおすすめするなんてことはございません。勿論、まだ当社に口座を開いていない方にもお気軽にお越しいただいております。

ありがとうございます。それから御社は色々特典がある会社だなという評判を聞いています。そこら辺を教えてもらえますか?

まずですね、例えばクレジットカードの連携があります。NTTファイナンスのグループカードがありまして、これが使うと色々と特典がありまして、あげくの果てにガソリンまで安く買えるんですね。

ガソリンが安く買えるのはいいですね。

かなり使わないと安くならないらしいんですけど(笑)ポイントをバックしたりとか色々出来るようにしています。それからアメックスゴールドカードですとか、ダイナーズカードに関してもご希望された方は、ある一定以上の取引量になりますと会費を弊社で持たせてもらっています。後、快適な環境でやっていただくためにBフレッツを是非お使いくださいと、それには最長4ヶ月分無料にします、プラス6000のポイントを弊社がバックしますよというのもやっています。それからMYPCと言いまして、自宅のパソコンを外から携帯で使えるというサービス、これも希望者には無料もしくは格安で提供させていただいています。

またOCNの会員の方に関しましてもOCN経由で申込みいただくと特典があります。それからアグリッパというアカウントアグリケーションサービスがございまして、あちらこちらの銀行口座・証券口座をひとつのパソコン画面で全て見ることができるというサービスに当社も参加しています。それを使っていただくと例えば1年間の損得が複数会社の口座合計でいくらってこともすぐわかります。

すごいサービス量ですね。

どういうところでお客様に役立てるだろうと考えましたとき、我々NTTグループですから、電気通信に関するところは他社よりサービスさせていただこうと頑張っています。

それはうれしいですね。そして、NTTスマートトレードさんに我々が期待するのはやはりシステムの軽さ・早さ・安定という部分ですが、そちらの方はどのような工夫をされているでしょうか?

これは正直に言わなければいけない部分だと思います。システムに関しては他社で作られたものを借りて使っています。ただ設備に関しましては、全て自社でハードウエアを調達してデータセンタにハウジングしています。他社のASP型のサービス形態と違いますので、隣に乗っかっている会社の障害がうちに波及するということはないんですね。それと、当初、実はお客様の口座数を多めに想定して欲張ったシステムを用意したんですね。結果、どんなに込んでいるときでも十分に余裕があるというのが現在の状況です。

でも、これから先はお客様がどっと増えるでしょうから(笑)、いつまでもそうとは限りませんよ。

かなり大丈夫だと思います(笑)。十分な余裕をとってあります。7月末に当社で取引していただいているお客様にアンケートをとったのですが、取引システムの速度については95%の方にご満足をいただいております。

最後の質問になります。今後のビジョンをお聞かせください。

基本的にはお客様に儲けていただけないと話にならないと思ってまして、どうしたらお客様にこの投資で成功していただけるかということを常に考えています。そしてその成功事例を積み上げて紹介していきたいと思っております。それが我々のやるべきミッションのひとつだと思っています。具体的にどういうことをやっているかと言いますと、例えば鳥居万友美さんのセミナーとかをやっています。鳥居さんというのはまだ投資をやって3年くらいのママさんトレーダーなんですが、その方がどうやってチャートを見たかというようなことはこれからFXを始めようという方には参考になるかと思います。有名な先生のセミナーは聞いていて参考にはなりますし、投資戦略のいい指南をしてくれるわけですけど、私たちはどんなに勉強してもマット今井さんにはなれないですよね。なりたいけど無理ですもんね(笑)。また、そういう先生方の投資手法が必ずしも自分に合っているとは限りません。ですから、我々はもう少し近い目標も、できるだけ沢山ご紹介していきたいなと思っています。

これ実はITの発想なんですね。上から流れてくる情報をコンシューマーが使っているだけというのはつまらないですよね。インターネットというのは下りもあれば上りもあるわけですね。ですから、投資で成功した方が成功事例をより多くの方と分かち合う。これも楽しみのひとつじゃないでしょうか。そういう場をどんどん提供していきたいと思いますし、そういう中で寝かせていたお金にも一働きしてもらう。そうやって、今まで1万円しか自由に使うお金がなかった方が1万5千円使えるようになったら、5千円分心のゆとりが出てくると思うんです。そういったことに我々がお手伝い出来ればと思っています。

その商品がFXとは限らないかもしれません。もちろん今はFXビジネスを成功させるということが一番のミッションですけど、それがある程度目標を達成出来たら、その次に何があるんだろうということを考えていきたいと思っています。お客様が求めているものを提供する。お客様が満足するものを提供する。これがサービス業の基本ですので、そういうことをこれからもやっていきたいと思っています。

どうもありがとうございました。

編集後記

NTTが金融ビジネスを始めたというとびっくりしましたが、gooを運営している会社がFXを始めるということだと、なるほどなと思いました。NTTスマートトレード、名前がいいですね。日本でスマートって言うと、なんだか細いっていうイメージですが、本来はかっこいいとか賢いとかいう意味なんですよね。NTTがかっこいいFXを始めた。そんな感じがしています。

大和田部長は、第一印象は非常に厳格な方かなと思いましたが、話をしてみると、実に気さくな方で、優しくて面白い方でした。何から何までわかりやすく話してくれます。こういう人がスマートな人なんだなと思いました。

私ももっと勉強して、スマートな人間にならねばと感じさせられるインタビューでした。あ、体型は無理ですけどね。(笑)

2008年7月

NTTスマートトレード 大和田龍夫

NTTスマートトレード
取締役 経営企画部長 大和田龍夫 (おおわだ・たつお)

1988年 日本電信電話株式会社(NTT)入社
企業通信システム本部、宣伝部、を経て
97年 NTTインターコミュニケーション・センター教育普及担当
99年 NTTコミュニケーション科学基礎研究所研究員
02年 NTT出版季刊InterCommunication編集長
05年 NTTレゾナント検索担当
06年 NTTスマートトレード会社設立にたずさわった後、
同社経営企画部部長
今日に至る