ドルコールオプションとは

最近、ドルコールオプションという単語を目にします。どの様な意味で、どの様な事になるのでしょうか。

2009-10-26 16:19

オプション取引とは、ある金融商品(株式・金利・為替等)を売ったり買ったりする権利を取引することをいいます。その中でコールオプションとはオプション料(プレミアム)を支払うことで、定められた期日(ヨーロピアンオプション)もしくは定められた期日以前(アメリカンオプション)に、行使価格にて買う権利が与えられる取引のことを指します。つまりドルコールオプションとは、ドルを買う権利を売買する取引ということになります。

一般的にコールオプションは、値上がりリスクに対するヘッジ(保険)の役割を果たすものです。コールオプションを買っておけば、ドルが値上がりしても行使価格でドルを安く買うことが出来るというメリットがあります。一方でドルが値下がりした場合には市場の方がもっと安く買えますのでデメリットとなりますが、その際にはオプションを放棄すればマイナスはオプション料(プレミアム)のみに限定されることになります。

マネーパートナーズ武市 佳史

2010-01-04 12:11

相談室トップへ戻る

外国為替証拠金取引は、取引対象である通貨の価格の変動により損失が生ずることがあります。また、取引対象である通貨の金利の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転じることもあります。さらに、取引金額がその取引について顧客が預託すべき証拠金の額に比して大きいため、その損失の額が証拠金の額を上回ることがあります。相場状況の急変により、ビッド価格とオファー価格のスプレッド幅が広くなったり、意図した取引ができない可能性があります。取引システム又は金融商品取引業者及び顧客を結ぶ通信回線等が正常に作動しないことにより、注文の発注、執行、確認、取消しなどが行えない可能性があります。また、取引を開始するに当たっては、事前交付書面(取引ガイド、契約約款など)の内容を熟読し、自己の資力、取引経験及び取引目的等に照らし適切であると判断する場合にのみ、ご検討ください。