なぜ指標発表直前にレートが動くのか?

お世話になっております。

指標発表直前にレートが大きく動くことがよくあります。これはなぜですか?指標時でのスキャルピングを狙っていると調子が狂います。

どうぞ、ご教示おねがいいたします。

Moriya, Tomo2010-04-10 17:25

経済指標発表で大きくレートが変動するのは、事前予想と結果との間に乖離が見られたときなどに、それがマーケットにとってサプライズ(驚き)として受け止められた場合が基本となります。しかし発表されるまではサプライズから上下どちらかに動くのか?あるいは動かないのか?といったことはわかりません。このため経済指標の発表前は必然的に様子見となりやすく、取引量も乏しくなる傾向があります。

一方で経済指標には、「こんな結果になるのではないか。その結果、こんな感じでマーケットが動くのはないか」といった思惑も駆け巡ります。このためよく言えば「前もってポジションを仕込んでおく」、悪くいえば「賭けをする」といった感じの取引も存在します。しかしそうした向きがポジションを仕込む際というのは、前記したようにすでに取引量が乏しくなっているのが常です。このため少しの取引で相場が大きく変動することがあります。さらに直前に大きく動き出すと「結果が事前にリークされている?」といった思惑と重なることもあり、そうなると様子見だった向きも急遽、取引に参戦し出したりもします。

指標発表前にレートが動く要因は、こういった思惑というメカニズムが機能していると考えるのが自然です。もっともこうしたメカニズムを逆手にとって、わざと動かそうとするような強者も中には存在しますので、注意したいところです。

マネーパートナーズ武市 佳史

2010-04-22 13:30

相談室トップへ戻る

外国為替証拠金取引は、取引対象である通貨の価格の変動により損失が生ずることがあります。また、取引対象である通貨の金利の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転じることもあります。さらに、取引金額がその取引について顧客が預託すべき証拠金の額に比して大きいため、その損失の額が証拠金の額を上回ることがあります。相場状況の急変により、ビッド価格とオファー価格のスプレッド幅が広くなったり、意図した取引ができない可能性があります。取引システム又は金融商品取引業者及び顧客を結ぶ通信回線等が正常に作動しないことにより、注文の発注、執行、確認、取消しなどが行えない可能性があります。また、取引を開始するに当たっては、事前交付書面(取引ガイド、契約約款など)の内容を熟読し、自己の資力、取引経験及び取引目的等に照らし適切であると判断する場合にのみ、ご検討ください。